Self-discipline

インフルエンザが大流行しております。
ある学年では出席停止の生徒数が30人に迫り、通常の欠席者数もそれと同じかそれ以上かという数にのぼっています。これまで予防接種も受けずにインフルエンザと無縁の人生を送ってきている僕としては何としてもノーダメージで逃げ切りたいところです。

今年もセンター試験の英語と国語を解いてみました。
結果はそれぞれ189と157。非常に悔しい結果に終わりました。

あと少しのところで190点と160点に届かないという気持ち悪さ。
2009年の大松尚逸の打撃成績を彷彿とさせますね(笑)
現代文80点という情けないスコアにもキレそうになりましたが、何より英語で去年より10点近くも点数を下げてしまったのが本当にショックでした。

日本語と英語。
2つの言語系科目でしょーもない点数を取って痛感したことは

語彙力の大切さでした。

英語と現代文で間違えた問題のほとんどは、2択まで絞りながらも最終的に“なんとなく”選んだものでした。そしてそれらで迷ってしまったのは、選択肢や下線・傍線部の言葉の意味を正確に把握しきれていなかったことが原因だったと思われます。
きっと、ちゃんと言葉の意味を理解していれば、もっと高い精度で選択肢の読み分けができ、迷うことなく正解にたどり着いていたんでしょうね。
まぁ、なかには正直『それは卑怯だろ!』と叫びたくなるものもありましたが(笑)


そして、もうひとつは
いかに普段日本語に触れていないか、ということです。
現代文、評論を読むスピードが自分でも驚くほど遅くなっていました。

ブログでも授業でも、シンプルな言葉で表現することを意識しているからでしょうか。評論で使われている言葉が妙にややこしく感じられ、読むだけでやたら時間を食ってしまいました。難しい言葉を使わなくても説明ができる、というのは大事な能力であると個人的に考えていますが、かといって難しい言葉を知らなくていいというわけではないんですよね。日頃からいろんな文章に触れて、日本語力も鍛えていきたいなぁと思いました。


“正確な思考・判断は圧倒的な語彙力から”

これを教訓として、今後も知識・教養を高める努力をしていきたいところです。

センター試験2018
思えば古文・漢文の問題を解くのはおそらく現役の受験以来。実に10年ぶりでした。その割にはまだ見られる出来だったかと思います。それだけに、余計現代文が悔やまれますね。
精進します。


    web拍手 by FC2       
2018-01-18 : ぼやき : コメント : 0 : トラックバック : 0

  コメントの投稿
非公開コメント

見えざる手

今年は年賀状を万年筆で書いてみました。
インクジェット紙の通信面でインクをどばどばに滲ませる大失態を犯しましたが、受け取った友人が万年筆に興味を示すという成果があがったのでまぁ良しとしましょう。

新学期が始まってもマジックの話は続きます。
昨年末、DVDトランプを買ったその少しあとに、実はもう1つ買ったものがありました。

ふじいあきら Beyond the Basics "PALMING"です。

ふじいあきら氏によるカードマジックにおけるパームの技法を解説したDVDです。タイトルにもある通り、基本技法を現象にまで昇華させるという、彼のスタイルを象徴するようなコンセプトで作られております。


良作です。
もともとパームに苦手意識を持っていた僕には非常に充実した内容でした。なんつーか、おおまかな内容と特徴は監修したショップのページの説明の通り、といった感じ。

これまた同ショップの別商品の説明文を拝借しますが。
ふじい氏の技法の凄さは“マジシャンの視点から見ると本来あるべきダーティーな動きが無く、頭の中で考えている動きより一歩早く技法が終わったように見える”ところにあると。
即ちそれは“一般の観客の視点から見ると、技法臭さを感じさせない動き”に繋がる、ということですね。
いやもうホントその通りでした(笑)

当然、それほどまでに自然な動きには根拠があるわけでして。解説の中でどの動きが「何かやってる感」に繋がるかを指摘して、どうすればそれをなくせるかという考えが細かく説明されていました。その考え方は技法を行う前後にも及んでいて、技法を行うための予備動作をどう自然な動きに溶け込ませるかということもしっかり解説されています。
技法自体も自然な動きを追求し、かつそれを行う場面でも自然な流れを追求している、という感じですね。

ぼんやり見ていると解説があっさりしているように思えるかもしれませんが、それはきっとふじい氏がこっちが思っている以上にあっさりと技法をやっている(ように見える)からでしょうね(笑) むしろ、技法にしてもそれ以外にしても、1つ1つの動きにしっかりと理由づけをしているところなんかは思っていた以上に丁寧に考えている人だなぁという印象を持ちました。

ふじいあきら氏のDVDを買うのは初めてでしたが、とても勉強になりました。
まさに、シークレットムーブ。技法の気配を消すことに関しては間違いなく超一流ですね。

カードアンダーザボックス
彼の十八番ネタであるカードアンダーザボックスも解説されております。
もはや芸術です。


    web拍手 by FC2       
2018-01-11 : マジック : コメント : 0 : トラックバック : 0

  コメントの投稿
非公開コメント

破片が雪に変わっていく・・

去年の年明けに2017本ノックをやった同級生カントクに敬意を表して。
ってなコンセプトで、年明け初練習でいきなり4時間半以上ぶっ通しでノックを打ち続けたらあっさりと手首を痛めました。言われたそばから思いっきり無茶をしております(笑)

さて。
スーパーファミコンミニで遊ぶ日が続いています。
先日、聖剣伝説2をクリアしました。

RPG、というか初めてやるゲームはできるだけ予備知識、ヒントなしで進めたい、というこだわりを持っているもんで。どこに進めばいいかわからずあちこち歩き回ったり、強いと評判のボスにお約束通り苦戦したりしながら、ちょっとずつ進めるつもりがいつの間にかのめり込んでいました。ホントーに悔しいことに2度ほど“調べ学習”の力を借りてしまいましたが、何とかエンディングを見ることができました。

クリアしての率直な感想は、バトルシステムをもっと理解して楽しむ余裕が欲しかったな、という感じ。
ボスを含めて敵がどんな弱点を持っているだとか、どんな魔法が有効だとかは初見じゃなかなかわからず。試行錯誤して有効な戦い方を探る楽しみはありましたが、MP切れが怖くて肉弾戦で突き進む場面がほとんどになってしまいました。まぁ、勝てばいいんですけどね(笑)
攻守ともに補助魔法なんかを使ってもっとオシャレな戦い方ができたんだろうなというのが少し悔しいですね。

ストーリーはというと、途中レベル上げに没頭しすぎて話の流れを見失いましたが(笑) 後半からエンディングにかけての切ない感じがとても印象的でした。やり終えたときに何ともいえない寂しさが残る、あの感じが結構好きで。わかりやすいハッピーエンドよりもグッとくる終わり方だったなぁと思います。

ひとまず、クリアはできたということで。いずれ、またヒマになったらもっと情報を仕入れて、いろんな要素を楽しみながらやり直してみたいですね。
聖剣伝説2
アクションRPGを3キャラで進めていくのはなかなか大変でした(笑)
    web拍手 by FC2       
2018-01-06 : その他のゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0

  コメントの投稿
非公開コメント

« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

ケマル

Author:ケマル
人生‘適当’です。

月別アーカイブ

2018年 02月 【2件】
2018年 01月 【5件】
2017年 12月 【4件】
2017年 10月 【1件】
2017年 08月 【2件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【2件】
2016年 07月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【4件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【2件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【10件】
2011年 12月 【11件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【11件】
2011年 07月 【11件】
2011年 06月 【10件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【10件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【12件】
2010年 07月 【10件】
2010年 06月 【13件】
2010年 05月 【12件】
2010年 04月 【12件】
2010年 03月 【14件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【19件】
2009年 11月 【19件】
2009年 10月 【20件】
2009年 09月 【24件】
2009年 08月 【18件】

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

FF検定


QRコード

QR